本業、父親。

父親目線で子育てを考えるブログ

タブレット学習は進研ゼミのチャレンジタッチがオススメ

f:id:LukePAPA:20200227115529j:plain

 

 

中学受験に向けての準備

ウチの子も春から4年生となります。

 

 「つい先日入学式を迎えたばかりだと思っていたら早いものだなぁ」なんて呑気に思っていたら妻から中学受験の話が。

 

田舎育ちの僕からしたら「少し早くないか?」と思いましたが、今は中学年から進学塾に通う子も珍しくは無いのだとか。

 

以前、小学校の先生に「小3までのお勉強と違って、4年生からは”考えて問く”問題が増えるので、お子さんが戸惑う事があります」と言われたことを思い出しました。

 

現代っ子は大変だな...と思いつつ、少しリサーチすることにしました。

首都圏模試センターの統計によると、1都3県約29万4千人に対し、約4万7千人の小学6年生が私立・国立中学を受験予定とのことです。

(2019年度受験に対してのデータ)

 

実に約16%の子供が中学受験を経験しているということですね。

 

僕も妻も同じく中学受験を経験しているので、子供を塾に通わせることには相違無いのですが、問題は“いつからどこに?”ということです。

 

とりあえず僕は口コミや進学塾のサイトなどをネットで調べ、妻はママ友などから情報収集をしました。

 

色々情報を集めたのですが、正直何が子供にとってベストなのか悩むところ。

 

当の本人は、週一の習い事ですら面倒がっていたり、ゲームやYouTubeに夢中(笑)

 

これではあまり意味が無いと考え方を変えました。

 

とにかく「勉強に対して興味を持つこと」「モチベーションを保つこと」の2つを目的にしました。

 

この2つをベースに勉強しないと非効率ですし、何より身につかないだろうと思いましたまずは勉強に慣れること、習慣化させること。

 

 選んだのはタブレット学習

ウチの子はまだ中学受験ということを上手く理解出来ていません。

どうして受験をするのか?どんな学校に行きたいのか?

その辺りすらよく分かっていないと思います。

 

親で有る僕も息子にとってどの学校がベストなのか?今はまだ明確な答えを出せないと思います。

 

妻とも話し合って、選んだのはタブレット学習です。

理由は簡単。タブレットならiPadみたいだし遊び感覚で勉強するだろう」という安直な考えです(笑)

 

そんな適当な理由で...と思われるかもしれませんが、先に述べたように勉強に対して自主的に取り組むことを第一に考えています。

 

家での学習に漫画を取り入れたように、学習へのキッカケとして考えれば遊びほど適したことは無いでしょう?

 

hongyopapa.hatenablog.jp

 

 進研ゼミ 小学講座

いくつか有るタブレット学習のサイトを見比べ、我が家が選んだのは進研ゼミの小学講座です。

 

 

<メジャーで有ること>

選ぶ基準としてベネッセというネームバリューは非常に大きかったです。

もちろん他にも有名進学塾のタブレット学習サービスなども有りましたが、そこも含めてメジャーで有るということはデータの蓄積が大きいので安心できると思いました。 

 

<専用タブレットだということ>

中にはiPadなど自宅にあるタブレットを使用して学習するスタイルのサービスもあります。

 

タブレット代がかからない等のメリットもあるのですが、ウチの子の場合はゲームなど他のアプリが入っていると集中出来ないだろうと思っていたので、進研ゼミのチャレンジタッチ専用タブレットはベストな選択でした。

 

<受講内容の充実>

ウチの子は春から4年生になりますが、国算社理に加え、英語やプログラミングについての学習も有ります。 

この辺りも含まれているのは嬉しいですね。

 

また、進研ゼミといえば「赤ペン先生」ですが、チャレンジタッチにも添削が有るので、理解するまでしっかり学習が出来ます。

 

<ポイントによるプレゼント>

まさにウマニンジン(笑)

勉強した分だけジュエルというポイントが貰え、ポイント数によってミニゲームなどが遊べたり、「赤ペン先生の問題」や「実力診断テスト」を提出することでリストウォッチやデイバッグなど努力賞というプレゼントが貰えるなど、子供のやる気をキープします。

そういえば僕も子供の頃、毎月届く某学習教材の付録が楽しみで仕方なかったです。

 

<受講費が安い>

月に数万円(回数や内容によって異なる)学習塾に比べ、ひと月¥4,430(12ヶ月一括払いの場合)と格安です。

 

もちろん学習塾にはタブレット学習にはないメリットも有りますが、今の段階で受講費が安いということは助かります。

 

学年が上がったり周りの友達の環境などを踏まえて学習塾に切り替えても良いでしょう。

 

<親も内容を確認出来る>

タブレットということもあり、しっかり勉強してるのか?ということも親としては気になります。

チャレンジタッチでは学習の成果や内容をスマホで確認、管理する事が出来ます。

 

「親も一緒になって取り組んでいる」という姿勢を子供に見せられることも良いですね。

 

チャレンジタッチ<今だけの特典>

春からの進級に向けて今だけの特典が充実しています。

  • 通常2ヶ月の最低受講期間が1ヶ月のみの受講でも可能
  • 6ヶ月未満の退会、もしくは受講スタイルの変更にともなうタブレット返却も無料(通常9,900円)
  • 4月号受講者限定で家電製品などの豪華プレゼント

さらに2/29(土)までに入会の申し込みを行うと現学年の「おさらいセット」まで手に入ります。

 

*詳しくは公式HPをご覧ください

【公式】進研ゼミ小学講座(チャレンジ/チャレンジタッチ)