本業、父親。

父親目線で子育てを考えるブログ

鬼滅の刃で学力アップ?

f:id:LukePAPA:20200201181349j:plain

今、空前のヒットとなっている漫画、鬼滅の刃(きめつのやいば)。

書店でもコミックが並んだそばから売れてしまう超人気タイトルとなっています。

 

そんな鬼滅の刃ですが、ウチの息子も例に漏れず、放映されていたアニメ版がきっかけで大ファンとなりました。 


劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 特報第二弾

 

そこから家族で完全にハマり、原作漫画にも興味を示すようになり、今では全巻揃えるほどに(笑)

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

 

 

子供が色んなことに興味を示すことは珍しくないのですが、今回はチャンスと思い週刊少年ジャンプを毎週買ってみることにしました。

 

さて、一体漫画の何がチャンスなのか?

 答えは「お勉強」です。

僕は漫画を使って子供の勉強意欲を高めようとしました。

 

ジャンプは複数科目の参考書?

僕が小学生低学年の頃は初代ファミコンが発売されたばかりで、今みたいに皆んながDSとかSwitchを持っている様な時代ではありませんでした。

 

そんな我が家では、母親が毎週ジャンプを持って帰ってきてくれるのがお決まり。

と、言っても母親行きつけの喫茶店から2週遅れの状態で貰っていたのですが、漫画が大好きだった僕にとっては毎週のご褒美でした。

(という理由からクラスでの「今週のドラゴンボール読んだ!?」の話題にはついていけませんでした...)

 

手元に新しい(と言っても2週間落ちw)ジャンプが届くと、好きな漫画を読み進め、その後は端から端まで何度も読み返していました。

 

こんな習慣が小学校時代の5年間続いたのです。

今思えば僕は毎週届くジャンプでいろんなことを学びました 。

 

f:id:LukePAPA:20200201165558j:plain

<国語>

まずは国語です。

当たり前ですが漫画の中には沢山のセリフが出てきます。

しかもジャンプは簡単な漢字も含めて全てルビ(ふりがな)を振っています。

これが非常に有難い。

 

習っていない漢字が出てくるたびに飛ば読みをしたりしていたら話の内容もわからないし、何より読むことが面倒になります。

 

親としても家事をしているときに「ね〜、これなんて読むの?」なんて聞かれても大変ですよね?

 

たまに当て字も出てきて本来と違う読み方の時も有りますが、まぁ許容範囲でしょう(笑)

 

 今の時代、文字を読む環境が少なくなっているので、漫画とはいえ馬鹿にできないほどの文字量を目にすることになります。

 

他にもストーリーを追いかけて読むので誰が、何を、どうしたのかというような話の読解力(学校のテストで言うところの文章題)も上がります。

 

 

f:id:LukePAPA:20200201165835j:plain

<理科>

今のジャンプ連載作品の中には「Dr.STONE」という漫画があります。

原因不明の現象で世界中の人間が石化してしまい、数千年の未来に目覚めるというストーリー。

主人公は科学が得意な少年で、文明が滅んでしまった未来の世界において自然界の中で科学を復活させ、いろいろな問題に立ち向かっていくというお話しです。

 

話の展開もスムーズで引き込まれつつ、簡単な実験なら子供と一緒に家でも出来ます。

 身の回りにある色々なものがこうやって出来ているんだという興味を持つことは勉強の基礎だと思います。

 

f:id:LukePAPA:20200201173853j:plain

<図画工作>

簡単に言うと絵を描くスキルですね。

 

問題を解く学力だけで無く、アーティスティックな感性も育ってほしいと思ってしまうのが親というもの(笑)

 

そんな時はトレーシングペーパー(うつし紙)を用意しておきましょう。

A4サイズもあればジャンプの表紙だって写せます。

 

好きな漫画のキャラクターたちを描いているうちに間違いなく絵のスキルは上達します。

*お子さんが見せに来たらちゃんと褒めてあげましょうね。

 

 

 

 

<まとめ>

他にも体育においては「ハイキュー!!」などのスポーツ漫画は昔から常に連載され、競技に興味を持つきっかけになったり、戦国時代など歴史マンガで社会を好きになったりと学校で学んでいることを好きになるきっかけがジャンプには沢山載っています。

 

実際、僕たち親世代でもキャプテン翼でサッカーを、スラムダンクでバスケットボールを始めた方も多いのでは?

 

そんな魅力の詰まった総合学習書が毎週発売され、読みだすと続きが気になり発売日が待ち遠しくなる...。

私たち親も一緒に読んでコミュニケーションツールとして使ったり、楽しく学習をすることの手助けをしてあげられればいいですね。

 

僕たちが子供の頃は「漫画ばかり読んでないで本を読みなさい」と言われていましたが、 古くは「本を読んでると馬鹿になる」と言われた時代もあるくらいです。

 

活字に触れる事の少なくなった今、漫画で勉強したって良いんじゃないでしょうか?

 

我が子の場合、読める漢字が短期間で増えましたし、鬼滅の刃の「鬼」という字が書けるようになったと自慢してきます(笑)